背中ニキビの原因と改善する方法

背中ニキビ,原因,治し方

ニキビは、思春期に大量に発生することが特徴の皮膚の炎症性疾患です。

 

毛穴周辺が赤く膨れ上がる様子が黍の実と似ているということが名前の由来で、アクネ菌などの常在細菌が発生に関与しています。

 

具体的には、成長ホルモンの分泌により皮脂腺が刺激され、大量に生産された皮脂を餌として毛穴の中でアクネ菌が増殖し、脂肪分解酵素のlipaseを分泌することで皮脂を遊離脂肪酸にしてコメドとなるという仕組みです。

 

なお、このように皮脂と細菌との相互作用により発生するので、ニキビが出来るのは何も顔だけではありません。
皮脂腺と毛穴は身体中に分布しているので、ニキビも全身にできる可能性があるということです。

 

特に厄介なのは、背中ニキビなどの確認しにくい場所にできたものです。

背中ニキビの原因

ちなみに、背中ニキビの原因も通常のニキビと同様で、皮脂と細菌との相互作用です。

 

このために、皮脂の分泌量を一定に保つためには、ホルモンバランスを安定させるということが予防となります。
また、常在細菌が生息しにくい環境を形成するということも有効であり、清潔な状態をキープすることを心がけるのが改善策となります。

 

ただし、全て自分で対処しなくてはならないというわけではないので、酷い場合は皮膚科で診てもらうのが適当です。


背中ニキビの治し方、即効性があるのは

背中ニキビの治し方で即効性を期待できる方法のひとつが、肌の新陳代謝を高めていく方法です。
その為には、ビタミンC誘導体を使ってケア>をしていく事がおすすめです。

 

ビタミンC誘導体を活用

ビタミンC誘導体には、肌の中のコラーゲン生成を促す働きがあり、この働きによって肌の新陳代謝を活発にしていく事が出来ます。ですから、背中に化粧水をつける場合は、このビタミンC誘導体が配合されたものを選ぶ事がおすすめです。
ビタミンC誘導体にはメラニン色素の生成を抑えたり、メラニン色素を薄くしたりする働きもあり、ニキビ跡の改善と予防にも効果的です。

 

睡眠時間を確保することも大切

更に、ビタミンC誘導体をつけた時には、しっかりとした睡眠時間を確保する事も大切です。
コラーゲンや肌細胞は睡眠中に分泌される成長ホルモンによって作られていきます。

 

ですから、背中ニキビを治したいと考えるのであれば、質の良い睡眠を意識する事が大切です。
可能であれば、成長ホルモンが最も分泌しやすい22時から2時の4時間を睡眠時間にあてる事がおすすめです。

 

それにより、成長ホルモンが活発に分泌し、肌の新陳代謝が活発になり、
ニキビが治りやすいだけでなく、ニキビ跡も短期間で改善しやすい状態を作っていく事が出来ます。

背中ニキビの治し方について

背中ニキビの治し方として、最も有効な方法は、皮膚科に行く事です。

 

ですが、皮膚科に行かずに治したいと考えるのであれば、入浴の仕方を見直してみる事がおすすめです。
背中ニキビが出来る原因となる事のひとつに、シャンプーやリンスの成分が背中についてしまう事です。

 

シャンプーやリンスーをしっかりすすぐ

髪の毛を洗った後、しっかりと髪の毛をすすぎ、シャンプーやリンスの成分を落としておかなければ
、風呂あがりにその成分が背中に付着し、ニキビが出来やすい状態になります。
ですから、まずは髪の毛をしっかりとすすぐ習慣をつけておく事が大切です。

 

ビタミンC誘導体の働きで新陳代謝を活発にする

そして、ニキビが出来る原因を改善した上で、肌の新陳代謝を高めていく事がおすすめです。
肌の新陳代謝を高める為には、ビタミンC誘導体が配合された化粧水等でケアを行う事が有効です。
ビタミンC誘導体には、メラニン色素を薄くする働きもある為、ニキビを早く治すだけでなく、ニキビ跡に悩まされにくい状態を作れます。

 

しっかり睡眠をとる

更に、ビタミンC誘導体の働きで新陳代謝を活発にする為には、質の良い睡眠も重要になってきます。
睡眠をしっかりととると、成長ホルモンが活発に分泌され、それにより新陳代謝も活発になっていきます
ですから、背中ニキビを治す為には、睡眠の状態も見直しておく事がおすすめです。

[背中ニキビを改善したい!]関連情報